手作りチーズキットとはご家庭で、手軽に出来立てのモッツアレラチーズやクリームチーズ作りが楽しめます。準備するのは、低温殺菌牛乳とお鍋だけ。 モッツアレラチーズのほか、フレッシュチーズやリコッタチーズなども作れます。 レンネットは、動物性の原料は一切含まれておりません。遺伝子組み換え原料一切不使用。動物性レンネットに比べて、凝固作用が優れており安定したチーズづくりが楽しめます。また、幅広い種類のチーズづくりに向いております。 ご自宅で、自分好みのチーズづくりをお楽しみください。 ちょっとした贈り物にもぴったりです。 モッツアレラチーズ作りの材料 ・低温殺菌牛乳:1リットル低温殺菌牛乳は、できるだけ新鮮なものを用意しましょう。通常の牛乳ではうまく固まらず、チーズが作れません。 ・レンネット粉末 0.1g(耳かきひとさじ)レンネットは、かわしま屋にて送料無料で販売しています。 ・クエン酸1.5g ・保温器保温器がない場合は、鍋で代用できます ・ボール耐熱ボールを用意してください。 ・温度計 ・耐熱グローブ あると便利な物として・軍手・ナイフ 雑菌の繁殖を抑えるため、器具はきれいに洗ってから使用しましょう。使用する道具をすべて煮沸消毒しておくと安心です。 モッツアレラチーズ作りのプロセスチーズ作りには全部で9つのステップがあります。 ステップ1 レンネットを小さじ1杯のお湯に溶かす。ステップ2 牛乳1リットルを鍋、または保温器で加熱する。ステップ3 温めた牛乳にクエン酸を加えるステップ4 レンネットを加えるステップ5 固まった牛乳をナイフでカットするステップ6 カードを温めて、液体と固体を分離させるステップ7 ホエーを抜くステップ8 カードを保温し、発酵させる。ステップ9 カードを練る ステップ1 レンネットを小さじ1杯のお湯に溶かす。 使用するレンネットの量はレンネットのタイプのよって異なります。牛乳1リットルに対してタブレットであれば、1/8錠程度、粉末であれば0.2g程度が目安です。 ステップ2 低温殺菌牛乳1リットルを鍋で加熱する。 低温殺菌牛乳1リットルをなべに入れ、ゆっくりとかき混ぜながら弱火で35℃程度になるまで加熱します。牛乳が35℃~40℃の範囲であれば、多少の振れは気にしなくて大丈夫です。 保温器で加熱する場合は、温度を65℃に設定します。牛乳が冷えた状態の場合、35度になるまでに2時間ほどかかります。※保温器での加熱は時間がかかるため、鍋での加熱をおすすめします。 ステップ3 温めた牛乳にクエン酸を加える 温めた牛乳を保温器に移し、クエン酸を加え、よく混ぜます。混ぜ終えたら、牛乳の温度を35℃に保ち、10分間静かに置いておきます。 ステップ4 レンネットを加える 牛乳に、お湯で溶かしたレンネットを加えてよく混ぜます。混ぜ終えたら牛乳の温度はは35度のまま、5分間静かに置いておきます。 ステップ5...
¥2,138
Availability: Out Of Stock